本文へスキップ

薩摩琵琶晴風会は琵琶楽の普及・振興活動をしています。

プロフィールprofile

山下晴楓のプロフィール

昭和12年(1937)9月7日 北海道旭川市生まれ。
昭和32年(1957) 伊藤海風に師事し、吟詠を学ぶ。
昭和34年(1959) 薩摩琵琶晴風会会長・浅野晴風に師事し、薩摩琵琶を学ぶ。
昭和38年(1963) 東京新聞社主催「邦楽コンクール・琵琶の部」で2位に入賞。
昭和44年(1969) 日本琵琶楽協会主催「琵琶楽コンクール」で1位入賞。文部大臣奨励賞、NHK会長賞等を受賞昭和55年(1980) 初代会長・浅野晴風亡き跡を継ぎ、薩摩琵琶晴風会・会長に就任。
           明治期の伊集院鶴城師の弾法を継承。(私で4代目)
平成 8年(1996) 金田一春彦会長のもと、日本琵琶楽協会・理事長に就任。
平成13年(2001) 山岡知博会長のもと日本琵琶楽協会・副会長に就任、現在に至る。

◆主な活動記録            *CD等
 CD「現代琵琶楽全集ー第一集」
   平成5年(1993)「実盛」を収録。日本コロムビア
   (故人間国宝の山崎旭萃の他鶴田錦史の曲が収録されている。)
 CD「琵琶 山下晴楓の世界」(写真上)
   平成16年(2000)「高松城」「夢幻譜」を収録。日本コロムビア
   夢幻譜は、能管、筝、琵琶の合奏曲。作曲・肥後一郎、琵琶作曲・山下晴楓。

◆主な舞台出演
  毎年、会員育成の為、晴風会定期演奏会を2回、演奏大会を1回開催するほか、リサイタルをイイノホールで開催
  平成12年(2004年)第5回リサイタルは文化庁芸術祭に参加。(平成14年〜20年はリサイタルを休止)
  国立劇場主催「邦楽演奏会・琵琶の会」(国立劇場小ホール)等、三越名人会(三越劇場)、NHK古典芸能鑑賞  会・NHKホール等に出演。
  *平成13年(2001)、平成15年(2003年)、平成16年(2004年)と「歌綴り ぶんざ」に(小椋 佳作・   音楽、アートスフィア、紀伊国屋サザンシアター等)藤波河内守役で出演。
  *平成14年(2002年)、松井誠幻想舞台「雨月」に琵琶法師役で出演。(アートスフィア他、名古屋)
  *平成17年(2005年)、ときがたり「実盛幻想」に出演。(小松市・こまつ芸術劇場うらら大ホール、東京赤坂
              シアターVアカサカ)
  *平成18年(2006年)、雪月花の無常感「平家物語の世界」一龍斉 貞花の講談に琵琶を入れる。
  *平成19年(2007年)、「川瀬白秋胡弓の会」(国立劇場小劇場)に出演。
◆主な放送の出演  *NHK教育テレビの「邦楽百銭」「芸能花舞台」「こころの時代」「お話の国・芳一ものかたり」「いろはに邦楽・琵琶編」「名曲アルバム」の他、テレビ東京の「竜馬がゆく」(萬屋錦之助主演)に薩摩藩士・児玉半蔵役で出演(写真下)。        *NHK-FM放送の「邦楽のひととき」「邦楽百番」で放送多数。
           
 


薩摩琵琶晴会について

 薩摩琵琶晴風会は、初代会長浅野晴風が昭和32年(1957年)10月に、東京都中野区の中野公会堂で戦後復活の第1回の演奏大会を開催し、琵琶楽の普及振興活動を始めて、今年で60年目を迎えます。
 昭和55年(1980年)から、初代会長の亡き跡を継ぎ山下晴楓が会長を務めています。
 現在、会員は小学生から90歳代まで、多彩な方々が琵琶の道を学んでいます。

薩摩琵琶 晴風会

〒165ー0034
東京都中野区大和町 1-44-10
          山下晴楓方

TEL・FAX 03−3338−0855